もっと、紹介したっかたのに
ごめんね

“ショートコロン”

コロンとは大腸のことで、コロンの主な機能は、糞便からの水分を抜くことです。 ここでいうショートコロンとは大腸の一部が異常に短く、そこで糞便の水分を抜き、溜めておくことができない病気のことで、日本小動物獣医学会に、日本で最初に誌上報告された症例です。

 この難病と闘いながら生きる猫"福ちゃん"の一生を少しでも多くの人達に知ってもらい、何かを伝えられたらと思います。
名前は「福」、推定15才。(2007年)

 先天的難病がある事が分からぬまま闘った日々。
その病名が判明したのは3年半前。
 生きる為に食べる、食べたら排泄する、ごく当然の事。
その生理的現象を、深く考えることなく日々を送っている私達でも、食べた物が出ない時の苦しさ、出る事を止められない辛さ、一度は皆…体験した事があるのではないだろうか。


福ちゃんは、十分がんばったよね。ゆっくりやすんでね。
※このページは、“福ちゃん”ブログより抜粋、編集したものを掲載しております